エイズの始まり

HIVはチンパンジーなどの霊長類から人へと感染したと言われています。

霊長類とのsexによるものと、

霊長類の肉を食べたことによるものがあるようです。

ですが、ホントのところは、解っていないんです。

ポリオワクチンが原因だとも言われています。

1985年3月22日に、日本でのいわゆるAIDS第一号患者が厚生省から発表された。

公式には、ここから日本のHIVの歴史が始まることになる。

だが、1983年7月5日には帝京大で血友病患者が死亡し「エイズ日本上陸」と報道されていたし、

1984年には厚生省の輸血後感染症研究班で日本人血友病患者22名中4例の感染が報告されていた。

そうしたケースが存在していたにもかかわらず、

この時点ではマスコミには公表しないとの方針を立て、

厚生省は意図的に外国(この場合はアメリカ)在住の男性同性愛者を選んで

第一号患者と認定したのだった。(なお、彼は日本に一時帰国中に受診したのである)

血友病患者が感染していることが既に知られていたにもかかわらず、

アメリカ在住の男性同性愛者を選んで発表したのは、

エイズが海外から日本に運ばれて来た病でありゲイの病であるという印象操作を行うことで、

多大なHIV感染を生み出した厚生省の血液行政の失敗(後に薬害エイズと呼ばれる)を

隠蔽するためであったと言えるだろう。そのことは、

外国から入ってきた病であるというイメージにより、

HIV感染の不安を国外に放逐し、HIV対策を「国家の防衛」という名の下に

遂行させるナショナリズムを形成した。

と同時に、健全な異性愛者ではない同性愛者というカテゴリーに

HIVの不安を押し付けることで、

HIV感染の不安を同性愛者との接触の不安にすり替えさせた。

性病には、気を付けなければなりません、

検査や、性病にかからない様に気を付けなければなりません、

ですが、風俗=性病とや、

風俗が世の中の風紀を乱しているという風潮には、少し疑ってみた方が良いかもしれません。

大分 デリヘル情報サイトにのってるようなお店だと、性病なんかには全く気にせずに遊べます。

また風俗で働きたいけど、性病が怖いという人は、大分 風俗 バイトにのってるような性病検査のある安全なお店で働きましょう。